心と心 - ZANK


WINDING ZOETROPE'S side







ZANKです。



最近 妙に多いんよなぁ・・・・。



バンド という媒体の中での 人と人 との関係の難しさを考えさせられる出来事が。



僕は、バンドってモノに昔から付き合ってきて



そりゃ沢山の嫌な出来事もあったよ。



だけど、結局は自分がどうするのか・・・・


いつも最後の選択はそこにある。



メンバーってさ


“仲間” とか “友達” とか “親友” とか・・・


そういう言葉で表せるもんじゃないんだよね。



友達なら怒るだけのことでも、メンバーだから考えながら怒ったり。



友達なら許せることでも、メンバーだから許せなかったり。



そもそも、“友達” って言葉で形容出来るような人間は傍に置かないという、淋しいヤツだし。



“友達” って言葉で形容出来る関係のヤツは、必ずどこかで身を投げ出さなかったり、逃げたりする って思ってるし。



メンバーって・・・・・例えるなら・・・。


“普段” を想像でしか見れない “家族” かな。


“普段” を知りたい って思っても、必要以上に知ってしまう必要って本当は、無いって思う。


本人に問い掛けて、答えてくれる範囲でいい。



音 で繋がってる人間同士、音の話だけで 100年喋れる って思うから。


人 と 人 ってあまりにも脆くて、あまりにも難解だけど


ある意味ではメンバーとメンバーって 互いに何も知らないくせに完璧な信頼で成り立ってる。


僕にとって メンバーってそんな感じ。


音でいがみ合って、音で苦しんで、音で傷んでも


最後は音で笑える。



僕にとって メンバーってそんな感じ。


僕にとって バンドってそんな感じ。




ZANK
[PR]

  by winding-zoetrope | 2009-07-06 05:49 | ブログ

<< なんで? - ZANK Super Star - ZANK >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE