理由


WINDING ZOETROPE's side






君が 手を振るから

僕が 手を振る

君が 笑うから

僕が 笑う

だけど 君が泣く時

僕は 絶対に泣きはしない

僕は 手をとる

その手を引く

背中を見せていたい

背中を見られる人でいたい

君が沈んでしまわぬよう
未熟な力でも君の手を握って先を歩く

きっとその為に僕は生まれた


ZANK
[PR]

  by winding-zoetrope | 2010-08-05 09:50 | 小説・詩

<< view やっと - ZANK >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE