(パート2)2010年シメ‐ ZANK

e0144163_1424332.jpg


WINDING ZOETROPE's side







AZ に着くまでも 雪景色の猛威は続きます。

兵庫に住む僕らでは雪 に悩まされることなどないので、本気でこの豪雪に対する対処法が見当たらないままなんとか 這うようにAZに到着・・・・・


その途端に目に飛び込んできたのは

地元から ワイゾの応援の為に駆け付けて下さったファンの皆様!

雪の中、車で ・・・バスで・・・ 飛行機で・・・ それぞれが必死になってこの日の為に集まって来てくれたこと・・・

そして 何よりみんなが無事だったこと・・・


あまりの嬉しさに、性別関係なくところ構わず抱き付く僕(笑)


そして Bua of Rose の面々。
一年振りの ROSETTA の面々。
初対面の スイミー やDeziMの面々。
去年の AZで出会ってから、付き合いが始まり、今年の3月28日に大阪まで TYRANT のギターボーカル として来てくれた TATSU 君。


音楽 をやっていたからこそ出会えた 人達。
音楽 をやっているからこそ出会える 人達に会えて、やっと頭が音楽モードに切り替わっていく・・・・


実は 12月2日 に東京に行った時から 止まらない咳 を抱えてました。


咳をすれば声帯が傷付き、やがて声は出なくなります。

そして、3年前・・・・本当に僕はステージで声が全く出なくなったことがありました。

これ以上かっこわるくはならないから、最高にかっこわるくていいや。って思った僕は、
『歌えません』 とステージで言いました。
同時に 思いがけず涙が溢れ、止まらなくなり、だけどギターで繋ぎきったライブ。

忘れもしない。

その時の僕はまだ何も知らなくて 『歌えないのはかっこわるい』 って思ってた。

だけど、ライブを終えたステージに駆け寄ってくれたファンの女の子が一人・・・
『最高でした。かっこ良かったです。』
とタオルをくれた。

控室に次から次へと人が来て 涙が止まらない僕に言葉をかけてくれた。


その時知った 大切なこと。

“願えば必ず想いは届く”


だから、今回 久し振りに見舞われた このコンディションにも関わらず、僕は何も気にしてませんでした。


だってその時 タオルを渡してくれた女の子が、東京から 飛行機でAZに駆け付けてくれている。


教えてくれたこと。気付かせてくれたこと。

恩返ししないとね。


やがて・・・・
一発目の Dezim さんが始まる。

ベースに何故か AKIRA さん(笑)

普段と同じテンション過ぎてめちゃめちゃ面白かった(笑)


2発目 の スイミー さん。
熱狂的なファンの方も沢山いて、ワイゾにはあまり馴染みがない V系 のステージが凄くかっこ良かった。


3発目の Rosettaさん。
一年前 とは違いすぎる音とパフォーマンスが 大迫力でした。


そして次は・・・・
[PR]

  by winding-zoetrope | 2010-12-29 01:42 | 音楽

<< (パート3)2010年シメ‐ ... (パート1)2010年シメ‐ ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE