夢の区切り - ZANK


Official / WINDING ZOETROPE 's side




COKE という HARD ROCK BAND が メンバー 脱退を発表した。


彼等とは決して 仲良しこよしの仲ではなく、音楽の話だけで成立ってきた所謂 音仲間 だ。


故に 僕はリーダーという同じ立場にいる者として、Voの YUSUKE君 とはたまに真剣な話題の連絡を取り合ってきた。


2009年だったか・・・


初めて互いに出会い、語り合い、しだいに交流を深めた彼との時間。


当時は集客精一杯だったバンドだけに、小さなハコClub Mercury で COKE と2マンライブをやった 2009年2月22日。


ワイゾが同ライブ・ハウスをギチギチに満員にしたワンマンをやった時も、COKEは客席にいて最前列で力をくれた。


滋賀の COCOZA でAKIRAさんと初めて出会った CERBERUS の前座をやった時も、YUSUKE君は 滋賀まで応援に来てくれた。


クアトロで2回・・・・


その片方では、電話で彼に初めて怒りと願いをぶちまけたこともあった。


そういう節々に 彼は真剣に耳を傾けてくれて、そして彼なりのやり方でCOKE を引っ張ってきたことはいつもステージに表れていた。


4月 ワイゾが企画した AVENUE A での COKEのステージは、ギターとベース のポジションに穴が空いていた。


それを知ったのはイベントの一週間前。


僕は今まで何度も夢や希望を失いかけてきた彼が、今回、片時もそれを捨てようとしなかった姿を何とかして客席に届かせてあげたかった。


イベント的には COKE と ワイゾだけで集客を見込んでいた為に、COKEのアクシデントは客席に影響を大きく及ぼすことは明白だった。


だけど、散々 辛い思いをしてきた彼が、散々 願いを曲げられてきた彼が、そんなことでステージに上がれないなら間違ってる。


絶対に客席にCOKE を塗りたくれ! そう願う気持ちの方が大きかった。

だから、僕とFUZがそこに立った。


その願いを、最後に残った Dr の Yossy君と共にちゃんと届けた彼が出した答えが、


『ギターとベース を解雇』


・・・・


正直 寂しくはある。


僕にとっては あの4人のCOKE が COKEだったわけだから。


しかし、彼が裏でどれだけメンバーについて悩んできたのかも よく解ってる。


イベント後、彼は僕に言った。


『胸 の中でモヤモヤしていたものが取れました。』


あれが彼の決意だったんだろう。


だったら、今まで以上に明確に未来を見ているんだろう。


妥協なしに集めたメンバーで構成されるであろう COKE。


過去の COKE の ギター MITETSU君 と ベース MICKEY君 には、共にライブをしてきた仲間として

『今まで有難う』

と言いたい。


だけど、新しく出来るであろう COKE はどんなんなんだろう。


YUSUKE君 が描いてきた物、描いている物が、初めて明確に見れるんだとすれば なんか 全力でぶつかってみたくなるね♪


早くガチンコしようぜ。


待ってる場合じゃないけど、楽しみにしてます★


ホントに沢山の想い出を有難う 旧 COKE。




ZANK
[PR]

  by winding-zoetrope | 2011-04-25 06:28 | 音楽

<< フワフワと 頭が - ZANK >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE