"かつて” の人はやっぱ偉大だよ - ZANK


WINDING ZOETROPE'S side






ZANKです。



The Key Project さんのお三方とのイベントを終えて、

一緒に打ち上げをして頂けた興奮も今だ抱えたまま、

いつも通りの脳みそに戻す為、いつも通りのブログを書きます(笑





このところYoutube動画を使って、僕のGuitar遍歴みたいなものの紹介をさせて頂いてます。



その第一回目として、Harem Scarem を紹介した時に書きましたが・・・・・



僕の中での メタル とは、決して


『ぐぅおおおおお!!』

『ごあぁああああぁ!!!』



という咆哮が入ってるものではありません。




だけど聴くだけの人にそういうイメージを持たれてる方が多いのも知ってます。



そして実際に、演奏する側にも、

『そうじゃなきゃメタルじゃねぇ!!』

という意志を貫いてる方もいらっしゃいます。




同じ様に、僕の場合。


『そうじゃなくても メタルなもんはメタルだ!!』 

という意志を貫きます(笑





なんていうんでしょう。


すっごく歌謡的な要素であふれた楽曲でも、終始一貫してテクニカルな音の繋ぎがあって、力技な部分には、『どうだ!!』 っていわんばかりのパワーが漲ってる曲って、僕の中ではどこからどうみてもメタルなわけです。




そして、そのスタイルが僕の中での “メタル美” なスタイルなんですよね。




無論、今の御時世ではそんなものをメタルとは呼ばないのでしょう。



なので僕らは 


『Winding Zoetrope はメタルではありません☆』 


という主張を繰り返しております。




しかし・・・・・かつての H-R/H-M全盛期を生き抜いた 魂に溢れかえってるこの姿。


つまり、この時代のメタルな姿がなけりゃ今のメタルなんざないわけで・・・・。


それに十分 これって “メタル美” だぜ?


どう考えたって(笑



EUROPE で Prisoners In Paradise


[PR]

  by winding-zoetrope | 2008-11-01 09:00 | 音楽

<< 不滅のスピリット - ZANK The Key Project... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE