琴線に触れるもの - ZANK


WINDING ZOETROPE'S side






ZANKです。



ぶっちゃけてしまえば。




結局のところ、



『ぐぉぉぉぉぉぉ!!!』



とか言ってる系のメタルはあまり好きではないのです(笑




そこにもってきて、楽器までただただ 『ぶぉぉぉぉっぉぉ!!』 って言ってるのはもっと好きではないのです。





でも、メタルをあまり御存知無い方に朗報ですが、世の中には

Vocalがひたすら 『ぐぉぉぉぉぉぉぉ!!!』


と言っていても、楽器はひたすら歌い続けるジャンルがあります。



いわゆる "メロデス” ってやつです。


バンド名の “MEGADETH” じゃないですよ(笑




実は、僕はこれも結構苦手なのですが、唯一といってもいい程好きなバンドがあります。




このバンドには 『怒りを吐き出すことの “美” がある』 と思ってます。



メタルというものに触れた事があまりない人には



『怒りを吐き出すことで “強さ” をアピール☆』 


なんて子供じみたものと捉えられてしまいそうですが、決してそうではありません。




『怒りを抱える者、悲しみの渦巻く心境』 にクローズ・アップした “美” という話です。




ってことで、初めて バンドのメンバー全員が中央を向くフォーメーションに惹かれた曲。



CARCASS の HeartWork ↓


[PR]

  by winding-zoetrope | 2008-11-06 11:36 | 音楽

<< 冷たい風が吹くと - ZANK 不滅のスピリット - ZANK >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE