2008年 08月 22日 ( 1 )

 

ポジティブ - ZANK


WINDING ZOETROPE'S side






かなり目に不幸なことがあっても、無理やりにでも笑ってられる。


かなり目に悲しいことがあっても、無理やりにでも笑ってられる。


それが、僕。



人は、僕を 『ポジティブ』 というが、そんな大層なもんじゃない。




例えば、過去を嘆いてみたとして・・・・・。


過去とは一秒でも前ならもう過去なわけで。



それを悔やんで、哀れんで、嘆く・・・・・。


確かにそれが本当の僕だ。



だけど、次の瞬間には思うようにしている。


結構・・・・・無理やりに・・・・・・・。



『過去をどうにか出来る力があるけじゃないやろ』




今、この瞬間は・・・・・・



・・・と文字を打った瞬間は、一瞬にして過去の産物になるわけで。



これを消したければ、カーソルを


“今、この瞬間は・・・・・・”


に持っていって引っ張って、ただDeleteを押せば消える。



だけど、その全ての行動は 刻の記憶 として空間に刻み込まれた。


それが真実。




ならば、悔やんでも、もがいても、あがいても、嘆いても・・・・・


消えはしない。



その全てが真実だから。




もし、過去に戻れたら書き直したい部分なんて山程ある。


それを、悔やんで、なんとかしようと思うのがネガティブ。

ネガティブはよく 『現実を見ている』 といわれる。



『どうにもならないモノだから』


そういって投げ捨てるのがポジティブ。

ポジティブは 『夢見過ぎ』 といわれる。



何か・・・・


間違ってない??



『現実的?』 『非現実的?』



そんなもんだいじゃなくてさ。



なんとなく、『ポジティブ』 なんじゃなくてさ。


出来ない事は沢山あるっていうことに


気付かされただけな気がする。




だからこそ、そんな自分から抜け出したくて何かにしがみ付いてる。



そのしがみ付いたものに接している瞬間だけは笑っていたい。


そう思ってる。


抜け出したいから未来へ向かってる。



それが、『ポジティブ』??




それなら・・・・


誰だって、動き回れば今すぐポジティブになれるよ。




ZANK
[PR]

  by winding-zoetrope | 2008-08-22 08:05 | 音楽

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE