<   2008年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

さて核心に触れてみる・・笑 - ZANK


WINDING ZOETROPE'S side






ZANKです。



他のメンバーが書かない内に、


沢山の音楽ネタを勝手にUPしてますが





前にも言ったように、“ドハマリ!!” みたな音楽ってあんまりなくて



どちらかといえば


『ちょっとこの指の運び方を盗んでみよう!!』


みたいな感じの方がどちらかといえば多かったんです。





でも、元々はクラシック音楽 で育った僕としては、逆に “家庭環境への抵抗” ってわけでもないですが、



抗 クラシック音楽


みたいなものが凄くあって、凄く好きな部分と、めっちゃやりこめてやりたい部分と同居してたんですよ。





そんな中でギターを弾いてると、おのずと気が向いていく


“古典的な考え方には当て嵌まらない おかしな変拍子”


を多用した音楽。




例えば キング・クリムゾン に代表されるような、簡単にいえば


“ノれない音楽” (笑



いち・にい・さん・しい・ご / いち・にい・さ / いち・にい~~~


みたいなキッ色悪いリズム。





そして、もう一つ


“奇数の連符。”



一拍の中に、 5音 や 7音 や 9音 や 11音 を詰め込んでみる。


例えば 7連符 で 2拍 弾いたとして、 そのフレーズ構成を 3音区切りにしてみると



(な・す・び)・(な・す・び)・(な / す・び)・(な・す・び)・(な・す


ってなるじゃないですか。




こういうのを作ることが今でも凄く好きなのですが、



どこかで、『そういうものをごく自然に曲に取り入れたい』 と思っている矢先に、遅ればせながら偶然知ったバンドがこのバンドでした。




僕がやりたいものとは、少し違ってはいるものの




とんでもない技術のオンパレードに鳥肌が立ちっぱなしで、大分長い間 このバンドしか聴かなかったくらいです。




今は、


『ちょっと 昔のアルバムを思い出してよ。』



と感じることが多いくらい、あまりに技術に走りすぎている気がしますが、



僕が一番好きな、現在のメンバー構成で 昔の曲をやっているこの映像。




堪りません!!!




Dream Theater で Metropolis !!!!↓


[PR]

  by winding-zoetrope | 2008-11-29 12:15 | 音楽

今日は - ZANK


WINDING ZOETROPE'S side





ZANKです。


今日は沢山 ギターを弾ける日★



って先週も思ったけど、意外にも まぁ~~ったく弾けなかったので今日は弾きまっせ!




なのに、こうやってサイトを開いて、



ウチのホームページの HISTORY ってコーナーを眺めていたら



ふと思ったのですが



2008年 ライブの一発目って


2008/01/11
11st LIVE 大阪江坂 “MUSE”/ “FIGHT FOR MUSIC”


だったんですね!!



いや、ビックリしたのは日付とかではなくて


11回目だった


ってこと。




今控えてる今年最後のライブが



2008/12/13 sat (33th)
"DEEPA"(阪神尼崎駅前)


“Atomic Tight"

出演バンド詳細:
WINDING ZOETROPE(神戸) /
the coastline /
P-CAN /
SilentCore /
UPRISING /
Qoopers

開場; 17:00 /開演; 17:30 (前売り ¥1,500 / 当日 \2,000)



なので



今年は23回 ライブをやったことになる!!



パチパチパチパチぃ~~~(拍手!!




その間 色んなことがあったなぁ~。




博多に行き~の



名古屋に行き~の (ファンの方と同じバスやった 笑)



滋賀に度々行き~の



ANTHEMの“坂本英三さん” とご一緒させて頂き~の



CERBERUS さんとご一緒させて頂き~の



THE KEY PROJECT さんとご一緒させて頂き~の




すっごく早い1年だった!!



・・・・なんて微塵も思わないくらい、沢山 頭を回転させてきた1年やった。



もう煙が出てたよ!! マジで!!





いつの間にか、ギター弾きながら 歌う ってことに慣れてきたし、だからもっと追究したくなってきたし。




なんか、1年の最初に掲げた目標にはまだまだ到達は出来なかったけど、仲間と共に充実した1年を過ごせたって思う。




あと一回!!



13日!! 尼崎 DEEPA !!



思い残すことなく 



2009年を爆進できるように




燃え尽きろ!!!!!!!




俺の魂!!!!!!





ZANK
[PR]

  by winding-zoetrope | 2008-11-28 08:33 | 音楽

色々だわな - zank


WINDING ZOETROPE'S side






上手くいきそう って思ってたって



上手くいかなくなったり



自信もって挑むはずだったのに



根こそぎもぎ取られたり





色々だわな。





妙なプライドがあったりして



それも自分なんだって



開き直るのはとっても難しかったりするけれど





そんな日々で悩んでるのも自分なんだ





継続は力なり



とか



いかにも誰もが頑張ってりゃ出来る気になる言葉があるけど





継続したからって全てうまくいくわけじゃない






それでも



一石二鳥



とか



百発百中



とか



誰もが知ってる言葉の中にも



夢に溢れた言葉があることには



きっと何らかの理由があるんだ





結局は






希望



とかっていうありふれた活力剤は



冗談では無く



本当に必要なものなんだ



って思う





今の状態から抜け出したい



そう思うことだって







だし



希望



なんだ






そんなとっても簡潔で



とっても重要なことでさえ




時として



見失いそうになるんだけどね







ZANK
[PR]

  by winding-zoetrope | 2008-11-25 07:53

美って何 - ZANK


WINDING ZOETROPE'S side






ZANKです。



15日、16日 と連日のLIVEを終え、色んな人々の愛に触れてきて最高の気分です。




ROCK が溢れかえっている場所にいて。



色んなギタープレイを見ていて。



自分で自分を見つめ直して。



人に自分達を見てもらって。



メンバーの姿を見て。





そんな中で、やっぱり思ったことがあります。






ここでは何度も言っている “メタル美” ってやつです。






“メタルとは”


それは色んなスタイルがあります。


そしてそれはどれも素晴らしい★






でも・・・・・・・もし、僕が誰かに



『HM/HRってどんな音楽?』



って聞かれたら答えたい返答があります。




『この上なく、美しいものです。』



です。





人はそれを ハードロックとかヘヴィーメタルって呼ばなくなってきてるかもしれません。




だけど、やっぱり僕は自分の中に永遠の課題として持ってる


“メタル美” 


というものを追究したいです。





それは、ギターの音が地を這うような音楽ではなく。



ボーカルの声が ひたすら咆哮するような音楽ではなく。



ベースがギャンギャンいうような音楽ではなく。


みんなで頭を振りまくる音楽ではなく。








ギターの音が空を飛んでくような。


ベースの音が命の鼓動に聴こえるような。




なんかそんな “美” が激しさの中にいつもあるような。




そんなのが好きです。





ってことで、空を飛ぶようなギターサウンド といえばやっぱこれかな。


BON JOVI で Bed of Roses ↓

[PR]

  by winding-zoetrope | 2008-11-18 10:13 | 音楽

冷たい風が吹くと - ZANK


WINDING ZOETROPE'S side







冷たい風が吹くと。




貴女を思い出します。




いつだって近くにいるけど




苦痛に顔を歪めていた貴女を思い出します。





自分のことばかりで




ちゃんと向き合う時間がなかった僕は




今も慌しく




刻を刻んでます。





きっと




遥か遠い場所に逝っても




いつも近くで支えてくれる




貴女のお陰で




僕は慌しく過ごせてます。






何一つ忘れることが出来ない日々が




僕の頭にはいつだってあるけど




それを唯一忘れる瞬間を笑って過ごしてます。






いつの日か




僕が貴女と同じ場所に行ったなら




この日々の感謝をゆっくり伝えようと思います。






今はただ




貴女は間違っていなかった・・・・・と




証明したいだけ






僕の身体に




貴女の血が流れている限り




その想いは途絶えることなく




溢れ出ています。







こうやって書いている間にも



僕は



まだ貴女が息をしていたこの季節に戻ってます。






涙は枯れることなく



まだあの病室に向かってます。






永遠に



この愛を



抱えていけることを実感する瞬間です。






いつ



何時も



推進力を与えてくれて



本当にありがとう。




“LOVE”


to "the" one of pianist ........






ZANK
[PR]

  by winding-zoetrope | 2008-11-12 00:18 | 音楽

琴線に触れるもの - ZANK


WINDING ZOETROPE'S side






ZANKです。



ぶっちゃけてしまえば。




結局のところ、



『ぐぉぉぉぉぉぉ!!!』



とか言ってる系のメタルはあまり好きではないのです(笑




そこにもってきて、楽器までただただ 『ぶぉぉぉぉっぉぉ!!』 って言ってるのはもっと好きではないのです。





でも、メタルをあまり御存知無い方に朗報ですが、世の中には

Vocalがひたすら 『ぐぉぉぉぉぉぉぉ!!!』


と言っていても、楽器はひたすら歌い続けるジャンルがあります。



いわゆる "メロデス” ってやつです。


バンド名の “MEGADETH” じゃないですよ(笑




実は、僕はこれも結構苦手なのですが、唯一といってもいい程好きなバンドがあります。




このバンドには 『怒りを吐き出すことの “美” がある』 と思ってます。



メタルというものに触れた事があまりない人には



『怒りを吐き出すことで “強さ” をアピール☆』 


なんて子供じみたものと捉えられてしまいそうですが、決してそうではありません。




『怒りを抱える者、悲しみの渦巻く心境』 にクローズ・アップした “美” という話です。




ってことで、初めて バンドのメンバー全員が中央を向くフォーメーションに惹かれた曲。



CARCASS の HeartWork ↓


[PR]

  by winding-zoetrope | 2008-11-06 11:36 | 音楽

不滅のスピリット - ZANK


WINDING ZOETROPE'S side






ZANKです。




ところで1980年にデビューした Def Leppard というバンドを知ってますか??



3rd アルバム Pyromania を発表した直後に ドラマーの Rick Allen が事故で左腕を切断



三年後の 1987年 に なんと!!!


ドラマーが Rick Allen のまま Hysteria を発表。↓






そしてその4年後に ギターリスト Steve Clark が死亡



しかし その翌年には、相方のギターリスト Phil Collen の踏ん張りで 5枚目の Adrenalize を発表。↓





元 Whitesnake のギターリスト Vivian Campbell を加えて今もなお精力的に活動をしている Def Leppard 。





彼等の歴史を見ていると、“音楽 = もてる為の道具” だのなんだのって思っているバンドの醜さを思い知らされる。



あれは去年だったか・・・・今年だったか・・・・。


『もてたいからやってるやろ?』


とか意味わからんことを言われたことがあるが、正直笑ってしまいそうやった。





そんな馬鹿タレな考えを持ったこともないし、なかなか芽の出ない音楽なんてやってない方がよっぱどモテる。




だけど、まぁ・・・・・そう言い続けることは正直しんどい。



それだけ、周りには “バンドマン = モテる” と思ってる人間が多い。



『そ~ですねぇ~~☆』



とかアホ面下げて笑ってんのはホンマにしんどい。




あの瞬間だけは、間違い無く 社交辞令 だ。




モテたいんなら、『愛の歌』  でも歌うわい。




そもそも、モテないやつが楽器弾いてりゃモテるんかい??



そりゃ人気は出たとしてもよ。 モテてるわけちゃうで。






まぁともかく、そんなDRAINな気分の時には Def Leppard を聴く。



“音楽 = 生き様” なんてかっこいいものではないのかもしれないが、


音楽が無ければ生きていけない人間達の人生がそこにある。




『モテたい』 なんていう “ポーズ” じゃねぇよ。



こいつらマジでカッコいい。



こういうがモテるんちゃう?? ↓

[PR]

  by winding-zoetrope | 2008-11-04 09:50 | 音楽

"かつて” の人はやっぱ偉大だよ - ZANK


WINDING ZOETROPE'S side






ZANKです。



The Key Project さんのお三方とのイベントを終えて、

一緒に打ち上げをして頂けた興奮も今だ抱えたまま、

いつも通りの脳みそに戻す為、いつも通りのブログを書きます(笑





このところYoutube動画を使って、僕のGuitar遍歴みたいなものの紹介をさせて頂いてます。



その第一回目として、Harem Scarem を紹介した時に書きましたが・・・・・



僕の中での メタル とは、決して


『ぐぅおおおおお!!』

『ごあぁああああぁ!!!』



という咆哮が入ってるものではありません。




だけど聴くだけの人にそういうイメージを持たれてる方が多いのも知ってます。



そして実際に、演奏する側にも、

『そうじゃなきゃメタルじゃねぇ!!』

という意志を貫いてる方もいらっしゃいます。




同じ様に、僕の場合。


『そうじゃなくても メタルなもんはメタルだ!!』 

という意志を貫きます(笑





なんていうんでしょう。


すっごく歌謡的な要素であふれた楽曲でも、終始一貫してテクニカルな音の繋ぎがあって、力技な部分には、『どうだ!!』 っていわんばかりのパワーが漲ってる曲って、僕の中ではどこからどうみてもメタルなわけです。




そして、そのスタイルが僕の中での “メタル美” なスタイルなんですよね。




無論、今の御時世ではそんなものをメタルとは呼ばないのでしょう。



なので僕らは 


『Winding Zoetrope はメタルではありません☆』 


という主張を繰り返しております。




しかし・・・・・かつての H-R/H-M全盛期を生き抜いた 魂に溢れかえってるこの姿。


つまり、この時代のメタルな姿がなけりゃ今のメタルなんざないわけで・・・・。


それに十分 これって “メタル美” だぜ?


どう考えたって(笑



EUROPE で Prisoners In Paradise


[PR]

  by winding-zoetrope | 2008-11-01 09:00 | 音楽

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE